ガジェヲタ必携といってもいいかも Anker 40W/5ポート USB 急速充電器(AC アダプタ)

4月 6th, 2014 ガジェヲタ必携といってもいいかも Anker 40W/5ポート USB 急速充電器(AC アダプタ) はコメントを受け付けていません。

写真 2014-04-05 17 15 31Amazon でかなりの高評価を得ていた Anker の 25W/5 ポート USB AC アダプタの上位モデルとして 40W/5 ポートの製品が発売されたので、ちょうど 2.1A を要求するデバイスを 3 台同時に充電出来る USB AC アダプタが欲しかったので、2 台目の USB3.0 9+1 ポートハブと一緒にポチってみました。

ガジェヲタの宿命でとにかくなんでも充電は USB 経由ということになるので USB AC アダプタは製品付属の 1 口タイプは最初からほぼ使う事は無く、サードパーティ製の USB AC アダプタをこれまでも何種類も使ってきました。当初は mini B 端子で USB 規格通りの 0.5A で充電可能な機器ばかりでしたが、iPad の登場以降は大容量バッテリーを搭載するタブレットでは 2.1A を要求する製品が殆どになってきたため他社製品を含め従来製品では 2A 出力対応ポートの搭載が進んだものの製品の出力としては全ポート合計で 4A 出力といったものばかりのため、2A 要求デバイスを複数充電するためには電源タップに複数の USB AC アダプタを挿して個別に使うしかなく設置スペース的に非効率的でした。

ですが、この Anker 40W/5ポート USB 急速充電器は、”POWER IQ” テクノロジと呼ばれる制御機構が搭載されていて、any ポートでの 2A 給電が可能になっているのでいちいち各ポートの USB ケーブルを差し替えずともケーブルに接続する機器が 2A 要求機器なら 2A 供給してくれるため毎日帰宅してからの充電が非常にラクになりました。

写真 2014-04-16 21 48 18センチュリー USB Power Meter(CT-USB-PW)を使って測定してみたところ、iPad Air のバッテリー残量 60% 程度のものを接続すると要求電流は 2.25A 、同じく iPhone5 の バッテリー残量 60% 程度のものを接続すると要求電流は 1.00A でしたが、iPad/iPad(3rd/Retina)/iPad Air/iPhone と全て充電させてもオーバーロードになることもなく安定して全て正常に充電完了しました。

ただ、Nexus7(2012) をガッツリ放電させてしまった場合の Deep Sleep 状態から wake up させることが出来るかどうかはまだ Nexus7(2012) をここのところ自室で別用途で使っていて放電させる機会が無いので試せていません。Deep Sleep から叩き起こすことができるとなると本当にこれ 1 台で USB AC アダプタは事足りそうなので後日試せる状態になったら確認してみたいと思っています(´・ω・`)

ドコモデータ回線を GALAXY Note SC-05D から Wi-Fi Station HW-01F へ機種変

3月 25th, 2014 ドコモデータ回線を GALAXY Note SC-05D から Wi-Fi Station HW-01F へ機種変 はコメントを受け付けていません。

2012/04 の発売日に買った GALAXY Note SC-05D が今月で 1,900 の月サポが終わるので解約する・音声化してポートアウトする・機種変(=月サポ増額)する、のどれかを選択する必要がでてきました。

主回線はドコモガラケーで +Xi 割の親回線かつ 17 年回線なので動かすつもりはないので、MNP 弾として使わないのであれば、できれば解約せず機種変で月サポがそれなりにつく回線として復活させてしまうのがよさそう、ということで色々検討してみた結果、結局スマホやタブレットは iPhone5/iPad Air で完全に完結していて、Android はあくまでサブ機ということがこの 2 年、GALAXY Note や Sony Tablet P&S , dTab を使ってみてよくわかった&結構な頻度で GALAXY Note の SIM は 2010 年に買った b-mobile のモバイル 3G ルータ、b-mobile WiFi に SIM アダプタ使って挿したり、Vita の 3G モデルに挿したりと GALAXY Note 以外に挿して使うケースが多かったこともあり、それならせっかくの Xi 回線なんだから LTE 対応ルータに機種変するか、ということでそこに絞り込んで検討することにしました。

結果、月サポがそれなりに付く LTE ルータというとドコモの場合は “Wi-Fi Station” という名前で 2014 春モデルとして展開している HW-01F か L-02F のどちらかに絞られましたが、実際に店頭で触ってみるとやはり L-02F は少々ずっしりとする感じがあり(ただしバッテリー運用可能時間は HW-01F よりも長い)、今まで使っていた b-mobile WiFi や仕事で使っていたドコモ の HW-01C も全部 Huawei 製で特にトラブルに遭遇した覚えも無いこともあって、機種は HW-01F に決定(`・ω・´)

では今度は購入方法と今の回線の各種プランをどうするかという検討になりますが、これはそんなに難しくありません。まず、自分の場合 DCMX GOLD をメインカードにしていることもあり、5000 円分のクーポンが配られているため、それを使う事でまず本体価格を -5,000 にすることができます(ただし、基本的にはドコモショップかドコモオンラインショップのみ)。あとは、各店舗の店頭でキャッシュバックなどの施策をどうやっているかを天秤にかけるだけ。一部地域では 03/22 発売開始の HW-01F が既に 1 万円キャッシュバックやら dTab プレゼントなんて施策をやっているという話も目にしましたが、残念ながら秋葉原界隈や地元ではそんなことは全く無く、唯一の値引き系施策はヨドバシカメラの 10% ポイント還元(※平常運転)でした。となると、DCMX の 5,000 優待クーポンが使えることを考えると、ドコモショップかドコモオンラインショップでの購入の 2 択に絞られますが、実は機種変更の際の事務手数料 2,100 がドコモオンラインショップだと不要のため、これで自動的にドコモオンラインショップで購入する、という事に決定(`・ω・´)

更にここでもう 2 点考えないといけないことがあります。現在(GALAXY Note)の月サポ 1,900 は 2014/03 月分まで適用可能なんですが、今ドコモオンラインショップで機種変更手続をしてしまうと受取が最短で 03/27 になってしまうため、1,900 の月サポ適用は先月(2014/02 月)分までになり、2014/03 月分は新たな月サポが適用されてしまいます。これは非常に勿体ないので、機種変更手続の際、受取日を日時指定で 04/01 以降に設定する事で 2013/03 月まで適用させることが可能になります(ドコモオンラインショップの手続の途中でこの事についてのノーティスが表示されます)。

ということで、今回のコストはこんな感じ(↓)で、ガラケーの方で mopera U を契約しておりそのコストが不要なためランニングコストについては今まで sp モードがあった GALAXY Note では dTab 用の dビデオがあったりしたこともあり 3,206/月 から 2,088/月に下がりました。使い方的にも殆ど b-mobile WiFi と Vita でしか使っていなかったことを考えると各日にコストダウンなので御の字です。
HW-01F

■ ランニングコスト
  Xi データプランフラットにねん 5,700
  プラス Xi 割 -1,909
  月々サポート金額 -1,785
  ユニバーサルサービス料 3
  eビリング割引料 -20
———————————————-
  合計    1,989(税込 2,088)

iPhone5s はしばらく様子見にして iPhone5 バッテリー交換

10月 25th, 2013 iPhone5s はしばらく様子見にして iPhone5 バッテリー交換 はコメントを受け付けていません。

iPhone5 のバッテリー、本来ならば 1400mAh ほどの満充電容量があるんですが、僕の iPhone5 は結構トリクル充電をしていたためか、思ったより劣化が早く、購入して 1 年ちょっとで 740mAh 程になってしまいました。

例えば、100% の状態で会社を出て、1 時間半くらいの帰路で Bluetooth レシーバで音楽を聴きながら帰りつつ、途中の本屋で本のバーコード検索かけて 30 分に一度くらいメールチェックをする、というのをバックグラウンドで Moves を動かしながらやると、家に着く直前くらいでバッテリー容量が約 35% の表示になったあたりでローバッテリーシャットダウンしてしまう、という状態でした。

いやまあ Moves は超バッテリーイーターなので Moves の BG 動作を disable すればそれだけでかなり改善されるってのはわかってるんですが、それでも 2 時間保たないってのはいくらなんでも酷いでしょう、ということで僕に残された選択肢は 3 つ。

1) Apple Care+ を使ってバッテリー交換
2) unofficialな方法でバッテリー交換
3) iPhone5s へ機種変更

(1) は正道ど真ん中。Apple Care+ に入っているので、2 年めに突入してますが現在のバッテリー容量なら無償交換できるかできないかギリギリくらいなので、もうちょっとしてから Genius Bar に持ち込めば多分問題無し。ただ、その場合は強制 iOS7 になるので今の超絶便利な Jailbreak 環境を捨てなければならない

(2) は一番アングラチック。市井の iPhone 修理ショップで交換をしてもらうか、自分でパーツを調達して分解・交換するということで、メリットはやはり単純にバッテリーのみの交換になるので Jailbreak 環境がキープできること。そしてデメリットはもう Apple Care+ の正規サポート(補償)が受けられなくなってしまうこと(まあしれっと出してみて通れば OK という話もありますが)と、ショップに出す場合には純正部品ではなく相当品を使われてしまうことで、カメラの互換バッテリーなどでよくあるバッテリー絡みのトラブルが発生するリスクが高まってしまうということ。

(3) は単純に iPhone5 から iPhone5s に機種変更して、さっくり新環境を手に入れてしまうということ。メリットは最新機種が手に入る、デメリットは 3 つの選択肢のうちもっともコスト高であることと、強制 iOS7 環境であるということ。

…で、今回どれを選択したかというと、(2)。正直、iPhone5 で速度的な不満は今のところ感じていないし(一昨年~去年にかけて、iPhone4s が出たあと iPhone4 で凌いでいた時期は iOS5 での速度的な不満が凄かった)、なにより基板絡みの問題ではなさそうなので、本体交換を伴うような修理では無いから、Apple Care+ を使わざるを得ない、という状況でも無いし、なにより Jailbreak 環境から iOS7 に移行したらストレスマッハ(過去に入獄した際いつもそうだった)は確実なので、この環境をキープできるのはこれしかないということが決め手。

imageで、スリープボタンもほとんど効かない状態になってきていて、これも症状の進行が「だんだん効かなくなってきた」というものなので、ボタンの破損などではなく、フレックスケーブルの所謂黒ポッチ問題な気がしているので、自分でパーツを入手するよりはバッテリーと一緒に作業して貰った方が面倒が無くて良さそうという判断で今回は知っている業者にお願いしてまとめて対応してもらいました。どこでというのは色々アレなので御容赦を。

バッテリーもフレックスケーブルも純正部品を使っての対応なので、基本的には正規サービスプロバイダで修理した状態と変わらないのでまあ基本は安心できる状態になり、バッテリー情報を引っ張ってこられるアプリ(Battery Doctor Pro)で確認してみると、きちんと新品時の容量(1400mAh)が出ていました。

一応その後バッテリーの活性化(バッテリーから取得できる残量と実際の放電量のズレを直す)のために、フルチャージ→ローバッテリーシャットダウンを 3 回行ったところ、バッテリー残量 1% 表示までローバッテリーシャットダウンせず iPhone が動作することが確認できたので、あとはトリクル充電にならないように使えばまあ大丈夫でしょう(・∀・)

iPhone アプリ “Moves” いいかも

5月 4th, 2013 No Comments »

move_result_20130504昨日は久しぶりに高校時代の友達に会ってきましたが、最近使い始めた iPhone アプリの Moves という GPS トラッカーで見てみると、ホントにちゃんと移動の履歴がトラッキング出来ていてびっくり。

普段は家と会社の往復なのでデータ的に Home/Work と乗換駅しか出てこないですが、今回はクルマで船橋へ移動、それから友達のクルマに同乗して幕張 PA → 王将で晩飯 → 24h スーパーで買い物 → 友人宅で自分のクルマに乗り替えて帰宅というのがきっちりトラッキングされているし、24h スーパーでの買い物中は広い店内をウロウロしていたから Walking にカウントされていたりと所謂ライフレコーダ専用のハードウェアではない単なる iPhone アプリなのにこの精度はちょっと感動的。

iPhone5(iOS6) の non-tether JB

2月 6th, 2013 No Comments »

iPhone5(iOS6) の non-tether JB の話題が出ているけど、ちょっと忙しいから週末に手を付けようかなー。

スムーズに行けばいいけれど、iOS6 非対応の JB アプリとか間違えて突っ込んでリカバリからやり直す、とかになったら結局未明まで作業する羽目になること必至だし、平日の夜にやるのはちょっとリスキー(´・ω・`)

ここ最近で入手したもので “捗る” 組合せ

10月 29th, 2012 No Comments »

いちばん色々と捗ったアイテムが、Eye-Fi Mobile x2 + DSC-RX100 + iPhone5 + Photogene2 の組合せ。いやもうコレ便利すぎてもう捗るとか捗らないとかを超越してる。

Instagram/tumblr/Twitter に写真付 post する際、まぁカジュアルに iPhone5/Galaxy Note の内蔵カメラで撮影して post 、っていうのはまあ普通だけれど、写真自体は出来るだけ精度の高いものを撮影しておきたい(月並みな表現をすれば、写真ってな “一瞬を切り取る” ものだから素材は出来るだけ良い形にしておきたい)、実際にその素材を使ってどうするかってのはまた別のハナシ、って考え方になると写真自体は “カメラ” で撮影して、その写真をもとに何らかの加工を施して使用するってことになる。

で、夏前にコンデジ新調しようってことで DSC-RX100 を入手して外出時にはつねに携行するようにしてみたら、いくら少しは画質がイイといってもそこはコンデジ、モードスイッチはデフォルトでプレミアムオートに設定しておけばあとは取り出して電源入れたらもうあとはシャッター押すだけで 2000 万画素超の RAW + JPG 画像がサクサク連写出来てしまうわけなんですよ。

でも、やっぱり出先でそうやって写真を撮っても、その場でどうこうするってのは中々難しいわけで、自分の場合はMacBook Air を持ち歩いている状況ならばともかく、そうでない場合は iPad に所謂 “CCK” を使って SD カードから直接読み込んでやるくらいしか方法は無いのだけれど、何れの方法もある程度落ち着いた状態でないと色々とトラブルが起きる元になる(歩きながら、とか立ったまま、カメラから SD カードを抜いて iPad や MBA で読み取って…とか)し、”CCK” は 30pin Dock コネクタで iPad 専用なので、iPhone4/4S/5 では当然使えないし、今後発売される iOS デバイスは間違いなく全て Lightning コネクタ採用になるはず(実際、”一番新しい iPad”(late2012)は Lightning コネクタになり、”CCK” は直接接続して使う事は出来なくなってしまった)だから、”CCK” に依存するのは今後のことを考えるとあまりよろしくない。

とすると、選択肢がもう Eye-Fi カードを使って WLAN(ad-hoc) で直接デジカメから iOS デバイスへコピーしてやれば万事解決。しかも、Eye-Fi カードは撮影したら自動的に送信モードになるから、撮影後はデバイス側の Wi-Fi 設定を ad-hoc 接続にして Eye-Fi アプリを起動しておけば自動で受信してくれるので放っておけば良いので転送されていることが確認出来たらあとは撮影する方に集中していても OK というのが便利すぎ。
(ここで転送されるファイルは、Eye-Fi Pro だと RAW ファイルも転送してくれますが、それ以外の Eye-Fi カードでは JPEG ファイルのみの転送)

デバイスに写真が転送されてしまいさえすれば、あとは煮るなり焼くなり好きにすれば良いわけで、これも iPhone アプリの Photogene2 を使ってその場でサクサクと crop → WB 調整してやれば基本は終わり。エフェクト掛けたかったら PhotoToaster 使ったり、モザイク処理だけなら MosaicTouch で一発だし、画像連結なら PH[+]TO を使えばカンタンに連結画像が作れるので、出先&移動中にその場でやってしまいたい画像処理はほぼコレで全部まかなえてしまうということになります。

実際、ここ最近で Tumblr や Instagram に post している写真はほぼ全てこの手順で写真を加工してやってますが、作業工程自体はコンデジ(DSC-RX100)を取り出して撮影する部分以外はデバイス側で完結するので全然苦になりません。
(撮影自体をデバイス側でやれば一番手間いらずではありますが、それではソース画像の画質という点で物足りない感じになりますからね)

…ということで、Eye-Fi カード + コンデジ + スマホ + アプリ、という組合せは想像していた以上にユースフル、というお話でした。

Apple純正のLightning to Micro USB…

10月 19th, 2012 Apple純正のLightning to Micro USB… はコメントを受け付けていません。

Apple純正のLightning to Micro USB アダプタ、なんとか確保。これで常時携行品のUSBケーブルがmicroUSBと各種変換アダプタにできる(`・ω・´)

baw&gの TPU クリアケース(クリア) + deff のクリスタルリングストラップ

10月 11th, 2012 baw&gの TPU クリアケース(クリア) + deff のクリスタルリングストラップ はコメントを受け付けていません。

baw&gの TPU ケース(クリア)+deff のクリスタルリングストラップ。ケース4個目とかワロエナイ(´・ω・`)

iPhone5、一週間使ってみて気付いたこと。(iOS6/iPhone5 スペック)

10月 9th, 2012 No Comments »

実はもう使い始めて二週間経過していることはおいておきます。

■ iOS6 で出来るようになったこと
 ・iPhone5 のスペック向上と相まって Safari が超高速化された
 ・通知センターからツイート出来る
 ・メールアカウント毎に通知設定が出来る
 ・メールアカウントを設定した順ではなく任意に並べ替えられる
 ・メール画面での引っ張りリロード
 ・メール作成画面から写真添付可能に
 ・メールのシグネチャがアカウント毎に設定出来る
 ・iTunes/App Store で有料コンテンツのみパスワード入力
 ・Bluetooth 設定がトップレイヤーに配置された
 ・テキスト入力中に簡単にユーザ辞書登録可能に
 ・Mac OS X のことえりのユーザ辞書と iOS6 のユーザ辞書が iCloud で同期
 ・Assistive Touch で仮想ホームボタンが使用可能に

■ iPhone5 のスペック向上で快適になったこと
 ・LTE エリア内は現時点では最低でも下り約 20Mbps 程度でて快適
 ・CPU/GPU の高速化で全体的な動作がかなりサクサクに
 ・Lightning コネクタの採用でケーブルを挿すとき無造作に挿せる

■ iPhone5 のスペック向上で不便になったこと
 ・片手持ち操作だと(自分の場合左手持ち)画面右上にあるボタンを今までは親指で押せていたのにかなり厳しくなった(送信とかのボタンが結構この位置にある…)
 ・画面解像度が長辺方向に高くなったことで iPhone5 向けの対応が入っていないアプリだと OSK の位置が高くなってしまう

特に、この OSK の位置が高くなる(変わってしまう)というのはかなり深刻です。このスクリーンショットは左側が iPhone5 対応済の Evernote , 右側が未対応の ATOK Pad です。画面下側を基準にスクリーンショットを並べると一目瞭然で、自分の場合は左手片手持ち親指オンリーフリック入力なので、親指をこのくらいの角度に持って行けば改行、みたいな間隔が身体に染みついているため、iPhone5 未対応アプリでフリック入力しようとすると各キーの位置が垂直方向にかなりズレてしまっているため、ふだん OSK は見ずにテキスト入力ボックスを見て入力しているので思ったように入力ができませんorz

ちなみに、画面を見ずに(昔風に言えばブラインド)入力している速度は iPhone の平均的ユーザからすると(手前味噌ですが)かなり速い側だからです。
(アプリの “タイピング Hi”(このアプリは iPhone5 対応済)での全登録者中の順位を参考までに)

しかし、何故これを画面下側を基準にするオプション設定を用意しなかったのかが疑問です。ユーザビリティテストやったら絶対に指摘する人が居たと思うんですよね。実装するためのコードとしては現状のセンタリングするものと比べて難易度が高いとは思えないので、指摘されていても見た目の問題(画面上部がガッツリ空いてしまう)で waive されてしまったのでしょうかね…(´・ω・`)

マイクロソリューションの保護フィルムキタ━(゚∀゚)━!

10月 5th, 2012 No Comments »

早速ポチるとともに新刊と細かいアイテムもまとめてポチ。

iPhone 5 撥水AR PRO GUARD ARSH HD Professional Anti-Reflection Super Hydrophobic / PGARSH-IPH5
となりのランドセルw 2 (ジャンプコミックス)
残念博士 (3) (カドカワコミックス・エースエクストラ)
totes AUTOMATIC OPEN & CLOSE TITANIUM BLK A254
セルスター(CELLSTAR)レーダー探知機オプション ジェルマット RO-105
SANWA SUPPLY 透明両面粘着ゴム(中) QL-75CL
Amazonベーシック USB 2.0 A-Male to A-Female Extension Cable 1.0m
スコッチ 超強力両面テープ(プラスチック用) KPP-12 12mm×1.5M
ELECOM USB2.0ケーブル A-miniBタイプ ノーマル 5m ブラック U2C-M50BK