パイオニア BDR-XD05R 買ってみました


ちょうど去年の 1 月に、Logitec の BDXL 対応で USB3.0 接続のポータブル BD-R/RE ドライブ、LBD-PME6U3LBK を購入して主に DiXiM BD Burner 2013 と組み合わせて nasne で録画した TV 番組を BD-R/RE に書き出すために使っていましたが、先日会社で外付 DVD-ROM ドライブが必要になり持っていって使ったところ USB バスパワーでの動作が不安定だなとちょっと感じましたが、その後 VAIO Pro11 へアプリインストールのために接続して使った際もやはりたまに認識されなくなっていました。
(勿論、VAIO Pro11 の Windows8.1 で USB のセレクティブサスペンド含め USB 周りの省電力設定は全て無効にしてありますよ)

更に、電源分岐型(USB 端子が信号用と電源用の二股になっている)の USB3.0 ケーブルを使って VAIO Pro11(Windows8.1) と MacMini(mid2011,BootCamp で Windows7) の両方で試してみたところ、接続してすぐは認識して使えるものの数分すると Windows から見えなくなってしまい、DiXiM BD Burner 2013 や VAIO TV with nasne でも勿論 BD-R/RE メディアが見えなくなるため使用できませんでした(特に、DiXiM BD Burner 2013 は初回インストール後に DTCP-IP の鍵をインターネット経由でダウンロードする必要があり、その際に AACS 対応の BD-R/RE メディアがドライブにマウントされていないとならない為、DTCP-IP 鍵がダウンロード出来ないという状態に陥ってしまいました)。

現在他の USB 接続光学ドライブは手元に無い(厳密には Apple SuperDrive がありますが、これは対応する Mac 以外に接続してもディスクをマウントすることができない(強制排出される)ので無いも同じ)ため、新しい USB 接続光学ドライブを物色することに。

元々この LBD-PME6U3LBK を購入した理由がパイオニア製の BDR-TD05 採用であったこと(※初期ロットはほぼ全数 BDR-TD05 でしたが、その後現在販売されているものも含めて TSST(東芝サムスンストレージテクノロジー)製 SN-506AB 搭載品が併記販売されていますので注意が必要)だったので、今回も USB3.0 接続かつパイオニア製ドライブ搭載品…ということで調べましたが、エスティトレード(パイオニアの販社)扱いの BDR-XD05R しか選択肢がありませんでした(´・ω・`)

じゃあこれでいいか、ということで最初仕事帰りにアキドヨ店頭で買って帰ろうかと思ってたんですが、BDR-XD05R の価格を調べてみたら Amazon 限定で白箱モデルが割安で売ってるじゃないですか。しかも色によって価格にバラツキがあり、自分が買おうと思っていた赤(ワインレッド)なら最安値の 6,980(!!!)。これはもう Amazon でコレ買うしかないですよね、ということでポチ(`・ω・´)

実際届いてみて使ってみましたが、標準添付の USB 二股ケーブルはちょっと短かったので、USB3.0 接続の 2.5 インチ HDD ケース用の長い USB 二股ケーブルで同じように VAIO Pro11 と MacMini(mid2011) に接続しても勝手にマウント解除されることなく DiXiM BD Burner 2013 を使って BD-R(DL) に nasne から 2 クール 45GB の TV 番組を焼くことができました(でも、おおよそ 80-85Mbps で nasne からダウンロードするため BD レコーダで焼くよりはかなり時間はかかるのはやむなしです)。

Comments are closed.