PS4 届いた ヽ(´▽`)ノ

2月 22nd, 2014 PS4 届いた ヽ(´▽`)ノ はコメントを受け付けていません。

PS4_packageソニーストアで予約しておいた PS4 、無事に 10:30 頃に届いたので割と前に買っておいた東芝の SSHD(1TB) に初回通電前にさっさと換装してしまって、PS4 公式サイトからダウンロードしておいたアップデータ(「システムソフトウェアを再インストール」用のファイルサイズ 900MB 強のもの)を使ってシステムソフトウェアをインストール。これで普通に購入したままの状態で買ったのと同じ(むしろ、購入直後の状態だとシステムソフトウェアは Ver.1.50 なので、最初から換装した状態の方が Ver.1.52 で初回起動なのでネットワークアップデートが走らない分起動後は面倒がないと言えるかも)状態になるので、初期設定ウィザードで自分の PSN 本アカを設定して初期設定も完了(`・ω・´)

とりあえず PS Store から初回出荷版の特典プロダクトコードで KNACK 、あとは PS Plus サブスクリプションで無料の CONTRAST と RESOGUN , WARFRAME をダウンロード(PS4 では基本全てバックグラウンドダウンロードなので、ダウンロードをしかけたらあとは放置で OK)しつつ、一緒に買ったパッケージ版タイトルの「龍が如く 維新」のディスクを入れてゲーム開始。

PS4_SSHD_HDD…まあ龍が如く 維新については PS3/PS4 の違いといっても 720p/30fps か 1080p/60fps というところが最大の違いで、あとは PS4 の SHARE 機能でシナリオと無関係な部分(各ゲーム毎に SHARE 機能で配信可能な部分というのが決められていて、龍が如く 維新の場合はシナリオモードについては全編配信不可の設定になっている)の配信が可能なことくらいなので、少なくともこのタイトルをプレイするために PS4 を本体ごと購入する、というようなモチベーションにはならないですかね(´・ω・`)

2ch 家庭用ゲーム機板の “SSD SSHD 大容量HDD換装普及スレ” では同様に SSHD に換装した PS4 ユーザからスタンバイさせようとすると本体 LED が白点滅になりスタンバイに落ちない(スタンバイに落ちると本体 LED はオレンジ色点灯になる)、という現象が無視できない感じで書かれてますが、自分の環境では特に発生せずなのでとりあえず静観。とりあえずは SSHD 使っておいて、1TB クラスの単価が 3 万円くらいになったら SSD へ入替かなという感じ(´・ω・`)

あ、あと BD/DVD プレーヤについては PS3 がそのまま使える環境の人は PS3 使った方がいいかと。プレーヤの完成度がもはや比較できるレベルでは無いし、PS3 で BD/DVD リモコン使っていた人ならあのリモコンの便利さは PS4 では味わえないので(´;ω;`)

VAIO Pro11 Red Edition ポチった(`・ω・´)

2月 12th, 2014 VAIO Pro11 Red Edition ポチった(`・ω・´) はコメントを受け付けていません。

既にもう受注停止になってしまってますが、VAIO U101 , VAIO UX , VAIO P , VAIO TZ , VAIO G3 と 「本体重量 1.2kg 以上はノート PC に非ず」が信条(*)で VAIO を買ってきた自分としては、VAIO ブランドを引き継ぐ新会社からはこういったエッジ向けの製品は出てこないだろうなーということで、去年の春モデルからソニーストアで CTO の構成だけはやりまくって結局ポチっていなかった VAIO Pro11 秋冬モデル、しかも Red Edition をポチったのでした。

* 今まで買ったノート PC で 1.2Kg 以上だったのは Prius Note 210(Chandra2 , 1.25kg) , ThinkPad s30(1.45kg) , ThinkPad X31(1.64kg) , ThinkPad X100e(1.4kg) と全部 ThinkPad だったり(Prius Note 210 は ThinkPad 235 相当ということで)。

ThinkPad で 1.2kg 以下のモデルってウルトラマン PC 110 を除いても X60s や X200s , X201s くらいで、新しい ThinkPad X1 carbon でも 1.28kg あって軽量モデルではあるけれど 13 インチ以上のモデルだからどうしても 1.3kg 強くらいになってしまうのよね(´・ω・`)

話は元に戻って VAIO Pro11 ですが、Red Edition は PC としてのスペックは通常の CTO モデルと同じだけれど、CTO で選択できる部分が割と特盛り寄りになってます。特に、SSD は基本的に 256GB しか選択肢がないですし、何よりタッチパネルが強制選択になるのでノングレアパネルを選択することができないため、自分の様にグレアパネル爆発しろというタイプの人間はノングレア化する液晶保護シートを貼るしか防衛策がありません(´・ω・`)

とはいえ、せっかくの Windows8/8.1 で使うマシンなのでタッチパネルはあった方が良いし、どうせケースやら Bluetooth マウスやらを一緒に持ち運ぶからタッチパネル分の 100g の重量増とか結果的に無視できるレベルなので(・ε・)キニシナイ!!

それにどうせなら AC アダプタレスの mobility を手に入れよう!ということでシートバッテリも一緒に買ったので重量増は尚更(・ε・)キニシナイ!!

で、ポチったのはいいですが普通の CTO モデルとは違って筐体が職人手磨きによるスペシャルモデルということもあり、レーザー刻印とか入れなくてもソニーストアの納期は約 2 週間かかるということで wktk しながら待つことにします。

あ、ケースとして VAIO Duo11 用の吉田カバンコラボケースも一緒にポチっておきました。これは実物見ているので Pro11+シートバッテリ&マウス&AC アダプタを余裕を持って入れられるのでオススメだったりします(`・ω・´)