Kindle 版コミックも新刊同発が増えてきた(・∀・)

10月 31st, 2013 Kindle 版コミックも新刊同発が増えてきた(・∀・) はコメントを受け付けていません。

やはり紙媒体よりもかなり発売日が遅れてしまうケースが多かったので、結局自炊して時前で電子化をやってきていたわけですが、角川再編の効果などもあってか、今月はビッグガンガン系、少年画報社、角川系の新刊は結構な数が Kindle 版で同発リリースされていたので、Kindle 版があるものは全部そっちに切替てしまいました(・∀・)

特に、少年画報社は現在 137 タイトルが Kindle 版で出ていますが、価格も Kindle 版は内税で 500 円と紙媒体よりも 100 円安価に設定されているので、既に紙媒体で所有していて自炊していないものは追々全部 Kindle 版にしちゃおうかと画策。

今回は、「化けてりや」が無事に完結したので御祝儀的に既刊 1-3 巻も Kindle 版でポチ ∩( ・ω・)∩

■ 化けてりや(1) (ビッグガンガンコミックス)
■ 化けてりや(2) (ビッグガンガンコミックス)
■ 化けてりや(3) (ビッグガンガンコミックス)
■ 化けてりや (4)(完) (ビッグガンガンコミックス)
■ 蒼き鋼のアルペジオ 8 (ヤングキングコミックス)

とく子さん、初期不良(´・ω・`)

10月 28th, 2013 とく子さん、初期不良(´・ω・`) はコメントを受け付けていません。

先週 Amazon で買った電気ポット(魔法瓶) , タイガー魔法瓶の PIA-W300 ですが、使い始めて 3 日目の朝(通算湯沸かし 3 回目)に、ポット内部の底面に茶色いゴミのようなものが付着しているように見えたため、ゴミでも入れてしまったかと入れた水を捨ててみると、流れ出ずに同じところにあるので手で触ってみると手触りが。

_DSC1158…ん?と思って注意して触ってみると、どうやら表面の皮膜がめくれ上がってしまっているような感じが。なにしろ 3 リットル魔法瓶の底なので、顔を近づけるにも限度があるし、ルーペもグリップが突っかかってしまうので、デジカメを真上から近づけてマクロ撮影して拡大してみると、肉眼で見るよりもハッキリと表面上のキズであるように見えます。

見た感じ、当初は単なるキズだったものが、水を入れてポットとして二日間使っている間に錆が出てきたという印象ですが、これは流石に初期不良でしょうということで Amazon で交換手続きを進めようとしたところ、まずメーカーに症状の確認をしろという表示が(メーカー担当者の名前などを入力、ともあり。必須ではないけど)あることを発見したため、メーカー(タイガー魔法瓶)の Web サイトを確認すると、基本的に平日日中のみしか CS の担当者は不在ということらしく、平日に電話するのは結構難儀するのでメールで写真をあわせて問合せしたのが金曜日の夜。

…で、月曜日の午前中に返答を貰って要約するとまあ初期不良だろうから Amazon と交換交渉ヨロ、ということなのでまた Amazon で交換手続きを開始して、今度は先方の担当者名なども入力して手続きを進めていったところ、最終的な対応方法の選択肢が「返金」しか選択できなくなっていて、アレ?と思ったら、なんと Amazon 販売の PIA-W300 は完売してしまっているため、返金対応しか受け付けられないとのこと(金曜夜の時点ではまだ在庫あったのに…)。

しかし、返金して貰っても他店舗での PIA-W300 の実売価格は 15,000 円~ 18,000 位が相場で、自分が買った 12,000 強を返金して貰っても同一製品は購入出来ないということになるため、だったらメーカーの 1 年保証を適用してくださいな、ということで改めてメーカー担当者に連絡したところ、無事にメーカー保証として引取交換してもらえることになりましたとさ。

タイガーの担当者の方はかなり丁寧で好感度アップ。いや、自分自身が CS 関連の仕事だからどうしてもそういうの気にしてしまう(´・ω・`)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編:叛逆の物語 観てきました(ネタバレ無)

10月 27th, 2013 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編:叛逆の物語 観てきました(ネタバレ無) はコメントを受け付けていません。

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編:叛逆の物語、都内近郊は土曜日の午前中までは台風の影響がありそう、ということだったので土曜日朝イチの上映は断念して、日曜朝イチの上映で観てきました。

観てきました、なんですけれど、ネタバレ無しだとほとんど書けること無いんですよねこの映画(;´Д`)

まあ杏さやペア好きとか、実は 3 話でマミられてしまって回想シーン以外出番が無かったマミさん好きには結構なファンサービスがあったと思うんで、そういう向き(はい僕もマミさん好きですはい)には楽しい部分もあるかと思います。たぶん。きっと。

…ただ、なんかこう色々と展開が激しくて、え! え? ええっ?! えー… って感じで、上映終了後に照明が点いて退出するときの雰囲気が、旧エヴァ劇場版の「Air/まごころを、君に」の上映後のそれと同じで、友達同士で観に来て上映開始前は結構しゃべっていた連中がお通夜のように黙ったまま黙々とシアターから退出していくという(´・ω・`)

写真 2013-10-29 0 43 28週替わり来場者プレゼントキャンペーンのMagica Quartet寄せ書きミニ色紙 全5種(ランダム配布)はまど神様でした。マミさん欲しかった…けど今週中にまた 2 時間かけてこの映画を観る気力はまだ無いので諦めます(´;ω;`)

…来週末に 35mm フィルムコマが特典になったときに落ち込んだりもしたけれど私は元気ですだったらもう一回行ってみようかとは思いますが(´・ω・`)

iPhone5s はしばらく様子見にして iPhone5 バッテリー交換

10月 25th, 2013 iPhone5s はしばらく様子見にして iPhone5 バッテリー交換 はコメントを受け付けていません。

iPhone5 のバッテリー、本来ならば 1400mAh ほどの満充電容量があるんですが、僕の iPhone5 は結構トリクル充電をしていたためか、思ったより劣化が早く、購入して 1 年ちょっとで 740mAh 程になってしまいました。

例えば、100% の状態で会社を出て、1 時間半くらいの帰路で Bluetooth レシーバで音楽を聴きながら帰りつつ、途中の本屋で本のバーコード検索かけて 30 分に一度くらいメールチェックをする、というのをバックグラウンドで Moves を動かしながらやると、家に着く直前くらいでバッテリー容量が約 35% の表示になったあたりでローバッテリーシャットダウンしてしまう、という状態でした。

いやまあ Moves は超バッテリーイーターなので Moves の BG 動作を disable すればそれだけでかなり改善されるってのはわかってるんですが、それでも 2 時間保たないってのはいくらなんでも酷いでしょう、ということで僕に残された選択肢は 3 つ。

1) Apple Care+ を使ってバッテリー交換
2) unofficialな方法でバッテリー交換
3) iPhone5s へ機種変更

(1) は正道ど真ん中。Apple Care+ に入っているので、2 年めに突入してますが現在のバッテリー容量なら無償交換できるかできないかギリギリくらいなので、もうちょっとしてから Genius Bar に持ち込めば多分問題無し。ただ、その場合は強制 iOS7 になるので今の超絶便利な Jailbreak 環境を捨てなければならない

(2) は一番アングラチック。市井の iPhone 修理ショップで交換をしてもらうか、自分でパーツを調達して分解・交換するということで、メリットはやはり単純にバッテリーのみの交換になるので Jailbreak 環境がキープできること。そしてデメリットはもう Apple Care+ の正規サポート(補償)が受けられなくなってしまうこと(まあしれっと出してみて通れば OK という話もありますが)と、ショップに出す場合には純正部品ではなく相当品を使われてしまうことで、カメラの互換バッテリーなどでよくあるバッテリー絡みのトラブルが発生するリスクが高まってしまうということ。

(3) は単純に iPhone5 から iPhone5s に機種変更して、さっくり新環境を手に入れてしまうということ。メリットは最新機種が手に入る、デメリットは 3 つの選択肢のうちもっともコスト高であることと、強制 iOS7 環境であるということ。

…で、今回どれを選択したかというと、(2)。正直、iPhone5 で速度的な不満は今のところ感じていないし(一昨年~去年にかけて、iPhone4s が出たあと iPhone4 で凌いでいた時期は iOS5 での速度的な不満が凄かった)、なにより基板絡みの問題ではなさそうなので、本体交換を伴うような修理では無いから、Apple Care+ を使わざるを得ない、という状況でも無いし、なにより Jailbreak 環境から iOS7 に移行したらストレスマッハ(過去に入獄した際いつもそうだった)は確実なので、この環境をキープできるのはこれしかないということが決め手。

imageで、スリープボタンもほとんど効かない状態になってきていて、これも症状の進行が「だんだん効かなくなってきた」というものなので、ボタンの破損などではなく、フレックスケーブルの所謂黒ポッチ問題な気がしているので、自分でパーツを入手するよりはバッテリーと一緒に作業して貰った方が面倒が無くて良さそうという判断で今回は知っている業者にお願いしてまとめて対応してもらいました。どこでというのは色々アレなので御容赦を。

バッテリーもフレックスケーブルも純正部品を使っての対応なので、基本的には正規サービスプロバイダで修理した状態と変わらないのでまあ基本は安心できる状態になり、バッテリー情報を引っ張ってこられるアプリ(Battery Doctor Pro)で確認してみると、きちんと新品時の容量(1400mAh)が出ていました。

一応その後バッテリーの活性化(バッテリーから取得できる残量と実際の放電量のズレを直す)のために、フルチャージ→ローバッテリーシャットダウンを 3 回行ったところ、バッテリー残量 1% 表示までローバッテリーシャットダウンせず iPhone が動作することが確認できたので、あとはトリクル充電にならないように使えばまあ大丈夫でしょう(・∀・)

これが最後のガラケーか / N-01E 購入

10月 23rd, 2013 これが最後のガラケーか / N-01E 購入 はコメントを受け付けていません。

2009 年冬モデルの N-02B をずっと使っていましたが、時折 SIM がありません病(昔は一日に数回なった時期もあったけれど、今は 2 ヶ月に 1 回程度)にがある以外は特に不具合もなく、ケータイ補償お届けサービスも結局申し込まないまま 4 年が経過してしまいました(´・ω・`)

ASDEC の保護シート(画面だけで無くサブディスプレイ側全体の保護シートもついている)を通算で 4 セットくらい(年 1 で貼り替えた感じ)使っていたためヒンジの隙間とか、赤外線ポートの脇辺りには結構埃が詰まっていますが、保護シートが貼られていた周囲は未だに綺麗なままなので、見る角度によっては結構新しい感じにも見えるほど外装の状態は良いままなので、お届けサービスを使ってリフレッシュ品に替えてからでも良かったかなーという気もしてましたが結局 2000 ポイントの方にしてしまいました。
(まあ超絶運試しとして、N-02B をケータイ補償お届けサービスで申し込んで、N-02B が在庫切れの場合に選択肢として N-01E が出てくる可能性はゼロではないのでやってみる価値はあったかもしれませんが(笑))

今までガラケーは黒系やシルバー系ばかり使ってきましたが、今回は 2012 年冬モデルなのに今年の 6 月に追加色として発売されたライトブルーにしようかなと画策。ただでさえ 2012 年のガラケー新機種で使っている人が少ないうえに、妙なタイミングでの追加カラーなので同じモノを使っている人も少なそうだし。いや、普段 iPhone5 使っていると、発売当初こそ入手困難だったせいか街であまり見かけない時期がありましたが、ここ半年くらいはもうどこもかしこも iPhone5 だらけ、という感じなのでガラケーは unique なのがいいなあと。

ただ、そういう出自の商品ゆえに流通量そのものが少なくあっという間に店頭やドコモオンラインショップから消えてしまいました(苦笑)。なので、ドコモ 2013 冬モデルが発表されて以来、外出時には量販店や家電店、ドコモショップを覗いてチェックしていたんですがヘタすると黒白も在庫切れでピンクのみあります、という状態のお店が多く、これはライトブルーどころか黒も手に入らないんじゃ…?(´・ω・`)とか少し思い始めていたところに、先週金曜に覗いた時には全色入荷待ちになっていた N-01E のモックが全色何も貼られずに置いてあるじゃないですかΣ (゚Д゚;)

念のためスタッフに、これ(N-01E) のライトブルーって在庫有ります?と尋ねると、あります!とのことだったので、なんとか閉店までには手続き終えられそうだったこともありそのまま機種変更の手続き開始。

といっても、ガラケーでプラン変更など全く同じで問題無く、プラス Xi 割の主回線になっていても回線が変わるわけでは無いのでそれもそのままでよい、ということなので今まで違うのは月サポ(840 円)が付いたことと、ケータイ補償お届けサービスの月額が少し高くなったことくらいで事務的・SIM 的な手続きは実質 15 分程度で終了。

では、手続きがトータルで約 1 時間かかった原因は何だったのか、というと N-02B からのデータ引継(主におサイフケータイ)。なにしろ電子マネーだけで、Edy , nanaco , Suica , QuickPay , iD(DCMX) を使っているからそれを全部引き継ぎしないと猛烈に困る事になってしまうので、とにかくコレだけは店頭で動作確認をしておかないとならないので、各手続きをしながら同時進行でおサイフケータイの引継作業をひたすらやっておりました(笑)

写真 2013-10-24 2 38 36無事に全てのデータを引継完了した後、今度はそれ以外の IC カード関連と、トルカやらなんやらの細かいデータを docopy を使ってコピーして、念のため CD-R にオリジナル(N-02B)のデータを全部焼いて貰って手続き終了。

気になるお値段はドコモショップも量販店も提示価格は全て横並びで、34,440 円 + 機種変更手数料 2,100 円(これはオンラインショップなら無料なのでやや納得いかない(´・ω・`))。ただ手数料 2,100 円は翌月の支払に合算されるので、一括の場合は 34,440 円ということになります(ポイント還元のある量販店などはこの値段をベースにポイント還元されるので、10% 還元のお店で買えばお得になります)。

僕の場合は 3 月末に dtab をポイントで貰っていましたが、それでもポイントが 7 万以上あったので N-02B でケータイ補償お届けサービスを使わなかった場合の 2,000 ポイント付与とあわせて全額ポイントで済ませたため、実質負担はゼロでした(まあ携帯の機種変更は高くつくので、見かけ上の費用インパクトを避ける為に DCMX GOLD で支払い関係をまとめて長期利用ユーザと DCMX GOLD の特典でポイント上乗せしてモリモリ付けているのですが)。

iPhone/iPad で mopera U / sp モードの Wi-Fi で自動接続 (その 2)

10月 22nd, 2013 iPhone/iPad で mopera U / sp モードの Wi-Fi で自動接続 (その 2) はコメントを受け付けていません。

その 1 では、iPhone 構成ユーティリティの “一般” の項目を埋めるところまでで結構な(文字数になってしまったため、本来の目的である mopera U/sp モードの Wi-Fi 設定部分はこちらのその 2 に分割しました)

また、WEP 認証のアクセスポイントである “docomo” は 2013/11/01 で廃止になりますので、WPA2 認証のアクセスポイントの “0000docomo” についての記載に修正しました。

WS000014“一般” の設定が終わったら今度は左ペインの “Wi-Fi” を選択すると、右ペインに “Wi-Fi を構成” というダイアログが表示されますので、”構成” をクリックして次に進みます。

すると、Wi-Fi の設定入力画面になりますので、こちらに各設定を入力していきます。
(ここでは、mopera U の場合について例を示していきますが、sp モードの場合は “mopera” の部分を “spmode” に置き換えれば OK です)

“SSID” には、”0000docomo” と入力して、”自動接続” にはチェックを入れ(デフォルトでチェックされているはず)、”非公開ネットワーク” のチェックは外します(これもデフォルトでは外れているはず。チェックしておいても問題は無いと思いますが)。

“セキュリティの種類” は “WPA/WPA2 エンタープライズ” を選択します。すると、それまで表示されていたパスワード入力欄の代わりに “プロトコル”/”認証”/”信頼” というタブが出現しますので、今度はこちらに必要な内容を入力していきます。

“プロトコル” タブの下にある、”受け入れた EAP の種類” のチェックは、”TTLS” と “PEAP” のみチェックを入れ、”EAP-FAST” にある 3 箇所にはチェックを入れず、”内部識別子” も “MSCHAPv2″ を選択します(デフォルトでそうなっているはず)。”プロキシ” のチェックはやはりデフォルトで外れているので外したままにしておきます。

WS000015次に、”認証” タブを選択して、アカウントとパスワードの設定を行います。

“ユーザー名” には、mopera U の ID + “-mopera@docomo” と入力します(例 : ID が “zangief” なら “zangief-mopera@docomo” になります)。”パスワード” には、mopera U のパスワードを入力します(WEP や WPA2 のパスワードではないので注意!!)。

“固有名証明書” , “外部ID” , “プロキシ” は何も入力しません(これらもデフォルトでそうなっているはずです)。

残る “信頼” のタブについては何もいじりません(何も設定する必要がありません)。

WS000008ここまで全ての内容を入力したら、ウィンドウ左上の 3 つのアイコンの一番右にある “書き出す” を選択してやると、”構成プロファイルをエクスポート” というドロップダウンメニューが表示され、プロファイルを書き出す際のセキュリティオプションの設定を行います。

セキュリティオプションを “なし” にすると、任意の iOS デバイスにインストールできる汎用プロファイルとして書き出されます。普通に個人使用用途でプロファイルを作成する場合には、iPhone/iPad/iPod touch などで同じプロファイルを流用できるので、この “なし” を選択しておくのが便利です。

セキュリティオプションを “構成プロファイルに署名” にすると、プロファイルに変更を加えた場合にインストールができなくなります。また、以下のような条件でしかプロファイルの上書きが行えなくなります。

 1) 同じ識別子を持っているプロファイル
 2) 同じパソコンの “iPhone 構成ユーティリティ” を使って、オリジナルのプロファイルを “複製” してから内容を更新したプロファイル

個人使用用途でプロファイルを作成する場合、typo でミスってしまったり、セキュリティのために自宅の無線アクセスポイントのパスワードを定期的に変更したりするために内容を変更する際、クラウド上にあるプロファイルを使ってそのプロファイルを作成したものとは違う PC にインストールされている iPhone 構成ユーティリティを使ってしまったりすると、そのプロファイルを上書きインストールすることができなくなってしまい、何故インストール出来なくなったのか原因が判らずハマってしまうことがあります(経験者は大いに語る)。

また、別の PC というのは PC を買い換えたり OS をアップグレードして再インストールした場合も該当してしまうため、やはりハマってしまうことがあります(勿論こちらにもハマりましたともorz)。ですので、基本的には署名は行わない方が色々とラクです。

最後の “プロファイルに署名して暗号化” に関しては、iPhone 構成ユーティリティに接続して認識させた iOS デバイスから固有キーを読みだしそれを使ってプロファイル内容を暗号化することで、特定の iOS デバイスそれぞれに専用のプロファイルを作成するというものです。個人使用用途での使い途としては、自宅の無線 LAN への自動ログインプロファイルを他人には絶対に使わせたくない!! というような場合に限られるでしょうか(そもそも、プロファイルはメールに添付したものを使用するか、iPhone 構成ユーティリティが走っている PC に USB 接続して iPhone 構成ユーティリティ上で転送する位しか iOS デバイスにインストールする手段は無いので、プロファイルの取り扱いに十分注意すれば暗号化をする必要はまずありません。

※逆に、特定の iOS でしかアクセスできない特殊な無線アクセスポイントを運用したい、という用途だったりすれば、この機能を使うしかないじゃないか!!ってことになりますが

iPhone/iPad で mopera U / sp モードの Wi-Fi で自動接続 (その 1)

10月 22nd, 2013 iPhone/iPad で mopera U / sp モードの Wi-Fi で自動接続 (その 1) はコメントを受け付けていません。

実は方法としてはかなり前から確立されている方法ではありますが、ドコモ版 iPhone5s/5c をテスト用に借りてみたところ、ドコモ SIM を使っている場合は今まで使えていた SSID “docomo” だけでなく、”0000docomo” でも接続できるようになったみたいなので、改めて設定をしなおしたメモ。

※たぶんこの関係。
[browser-shot width=”240″ url=”http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/130912_00.html”]

まず、iPhone 構成ユーティリティ(Mac OS/Windows)を Apple からダウンロードしてインストールします(特に何か設定する必要はありません)。

インストールが終わったら(Windows の場合再起動を要求されることがあるのでその場合は素直に再起動しましょう)、左側の “ライブラリ” ペインから “構成プロファイル” を選択して、ウィンドウ左上にある “新規作成” を選択します。

WS000010すると、右ペインに構成ユーティリティで設定できる各種項目の一覧が表示されますので、まずは一番上の “一般” の内容を入力します。

基本的にここへの入力は任意の内容になりますが、後々のために、”名前” にはわかりやすい名前(例 : docomo Wi-Fi (mopera U/WPA2) 自動接続プロファイル)を、”識別子” にもあとで区別が付けられるようなもの(例 : mopera.wi-fi.docomo.wpa2)を入力しておくことをおすすめします。

※本来的な iPhone 構成ユーティリティの使い方(企業の情報システム担当者が、社員へ配布する iPhone に様々な設定や動作制限を一括設定する、など)をする場合の一般的な識別子の設定は、(ドメインを逆にしたもの) + (.) + (設定名)というかたちになります。例えば、僕の自宅無線 LAN の設定プロファイルの場合は、”org.kaleidostage.wi-fi.11n” といった具合になります。

“組織” は特に入力する必要はありませんし、”説明” や “同意メッセージ” も必須ではありませんが、”説明” についてはひとつの iOS デバイスに複数のプロファイルをインストールして運用する場合に削除する際に便利ですから、簡単で良いのでプロファイルの用途を入力しておきましょう。

“セキュリティ” は、基本的には “常に確認” としておきます。また、ここの設定を “しない” とした場合、iOS デバイスの操作ではプロファイルを削除することが不可能になりますので注意が必要です(“認証” を選んだ場合すぐ下に “認証パスワード” の入力欄が追加され、ここに入力したパスワードを入力しない限り iOS デバイス側での削除ができないようになります)。

“プロファイルを自動的に削除します” も “しない” にしておきます。これは一定期間が経過したり、ある指定日になったらプロファイルが自動的に削除される、というものなので上記の “セキュリティ” と合わせることで「何月何日まではブラウザ使用禁止」というような動作制限を行う、などということができる設定です。個人で公衆無線 LAN への自動ログインを行うプロファイルに設定するメリットは何もありませんので、”しない” にしておきましょう。

まだ本来の目的である Wi-Fi 自動接続の内容を入力できていませんが、ここまでで結構な文字数になってしまったので、続きは (その 2)へ分割します(´・ω・`)

電気ポット買い換えでとく子さんキタ━(゚∀゚)━!

10月 21st, 2013 電気ポット買い換えでとく子さんキタ━(゚∀゚)━! はコメントを受け付けていません。

10 年選手の我が家の電気ポットもそろそろ給湯モーターの音が弱々しくなってきたこともあって、買い換えようかなあと思って色々メーカーのページとか眺めていたんですが、いや電気ポットもここ 10 年位で消費電力とか保温性とか、給湯量が液晶に表示されるとか、色々地味に進化してたんですねΣ (゚Д゚;)

…で、どれくらいの値段で売ってるのかなーと思って調べていたら、10 月に新製品が出て片落ちになったタイガー魔法瓶の前フラッグシップ(…って言っていいのか…?)モデルが値下がりしているのを発見し、なおかつ我が家の求めていた蒸気レスという機能(食器棚の下に電気ポットがあるので、食器棚の底板にアルミホイルとか貼って蒸気でふやけるのを防いでいたから、蒸気が上部に出ないというのはとても素晴らしい!!)があって、かつ停電時でもお湯を出す事ができるエアーポット機能もあるということでさっそく Amazon でポチ。

受取の都合で月曜午前中に設定したため先ほど開梱して出してみましたが、外形寸法が把手や突起部込みでのものだったので数字から想像していたよりもかなりコンパクトでいい買い物ができました(・∀・)

■ TIGER 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん (3.0L) ホワイト PIA-W300-W

Bootcamp の Windows7 で Bluetooth デバイスが全く見えないorz

10月 21st, 2013 Bootcamp の Windows7 で Bluetooth デバイスが全く見えないorz はコメントを受け付けていません。

MacBook Air(mid 2011) に、Bootcamp を使って Windows7(x64) をインストールして発売初日からずっと使っているんですが、3ヶ月ほど使用せずに久々に使おうと起動してみたら、Bootcamp の Windows7 でだけ、Bluetooth がデバイスマネージャからも消えていて、Bootcamp ドライバだろうが Broadcom のドライバだろうが、何を入れても再起動しても全く状況が変わらないという事態に陥っていました(全く原因に覚えが無い…)。

不思議なことに、OS X(Moutailn Lion) 環境下ではデバイスも見えるし普通に今まで通りに使う事が出来ているということで、これすなわちハードウェア的には全く問題が無いと言うことになるわけで、Windows7 で使えない(認識できない)というのはソフトウェア的にどうにかなってしまっているということに orz

まあ 2 年使ったし、明日(10/22)深夜の Apple の発表会で新型の MacBook Air の発表でもあればリプレースしてもいいかなって気はしてますが、恐らく明日は Mac Pro と iPad , iPad mini の発表だろうと思われるので望みは薄い感じかなと(´・ω・`)

#いやだって MacBook Air は mid 2013 モデルが出ているし…

観に行けなかった劇場版のBD届いた…けど

10月 21st, 2013 観に行けなかった劇場版のBD届いた…けど はコメントを受け付けていません。

_DSC1147観に行く時間が取れずに観られなかった劇場版の BD 、AURA と 花咲くいろは、あとガチャピンチャレンジの DVD-BOX が届いたのだけれど、受取の都合で日曜の 19 時に受け取ったから流石に今日はもう観る時間が取れず、来週末に先送り(´・ω・`)

ガチャピンチャレンジは、既発売の DVD はガチャピンチャレンジシリーズの 5 本、ガチャピンワールドツアーの 2 本は全部持っているから DVD-BOX とか要らないんじゃ?と友達から言われたけれど、冗談では無い! なにしろ、未収録エピソードが 30 本追加されているとのこと。なら、買うしか無いじゃないか!

…なんか特典として DVD が 1 枚梱包の中に追加されていたのでお得感アップ(`・ω・´)v

■ AURA~魔竜院光牙最後の闘い~ (初回限定版) [Blu-ray]
■ 劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME (Blu-ray Disc初回生産限定特別版)
■ ガチャピン チャレンジ☆シリーズ コンプリートBOX ~チャレンジしなくちゃガチャピンじゃない~ [DVD]